ファスティング中の質問と回答

目次

準備期

【導入期:1~2日目】

朝食:和食+サプリメント+甘酒

昼食:和食+サプリメント+甘酒

夕食:豆乳・プロテインのシェイク+サプリメント+甘酒

飲料:漢方茶、水
 

Q:準備期の朝もしっかり和食を食べてファスティングに臨むべきですか?

A:ファスティング中に避けるものが入ってなければ、和食でなく普段の食事で大丈夫です。

準備期に意識することは「カロリーを抑える生活に慣れること」「カラダに悪いものを極力避けること」になります。

朝食も無理にたくさん食べる必要はなく、カラダに悪いものを摂らないことを意識ください。

 

《ファスティング中に避けるべきもの》

加工品、肉、カフェイン、アルコール、たばこ

 

《準備期におすすめの食材》

大豆製品、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いも、みそ汁、発酵食品、卵、海藻サラダ

 

Q:お昼が出先で甘酒が飲めません。その場合はどのタイミンが飲めばいいでしょうか?

 ①夜にまとめて2杯飲む

 ②昼~夜までの間食として飲む

 ③飲まなくて大丈夫

 

A:② → ①の順で優先してください。

 

普段の食事よりもカロリーを抑える準備期ではメニューの内容は極力スキップせず摂りいれていただくことをオススメしております。

 

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価が高く、朝からすっきりと仕事をする生活をサポートしてくれます。

 

仕事をしながらファスティングをしている方には極力1日の甘酒量の摂取を意識ください。

 

Q:甘酒の飲む量は1回につきコップ1杯分でしょうか?

A:1回あたり女性50ml、男性100mlを摂取ください。

 

Q:豆乳は1食どのくらい飲みますか?

A:プロテインと一緒に摂る場合は200mlをおすすめしております。

 

【プロテインの作り方】 

①シェイカーに水200ml入れる

②プロテインを入れて混ぜる

③無調整豆乳200ml入れて混ぜる

 

Q:プロテインと無調整豆乳を混ぜて飲むのは味が苦手です。対処法はありますか?

A:牛乳もしくは水だけをオススメしております。

 

無調整豆乳が苦手な場合、同量の牛乳を混ぜてお飲みください。

牛乳も苦手な場合は、水(200~300ml)で割ってプロテインをお飲みください。

 

Q:1日2食(朝昼と夕食)になっても大丈夫ですか?

A:問題はありませんが、朝食も少し意識いただきたいです。

 

可能であれば翌朝からは朝に甘酒やゆで卵、ヨーグルトなど簡単に食べれるものを意識して3食食べるリズムを意識ください。

 

Q:サプリメントに食前、食後など飲むタイミングはありますか?

A:アイテムによって食前、食後のオススメがございます。

 

《食前がオススメなアイテム》

食物繊維

《食後がおすすめのアイテム》

マルチビタミン、乳酸菌、L-カルニチン、EPA・DHA

 

Q:1日1粒と書かれたサプリメントの場合、飲むタイミングに適した時間はありますか?

A:1日1粒の場合は夜がオススメです。

 

通常の食事よりも消化に負担のかからないプロテインと一緒に栄養を補助することで、脂肪をもやす力を高めてくれます。

 

また、夜は「修復の時間」とも呼ばれるほど1日の疲れをとり翌朝に元気に活動できるエネルギーをつくってくれる時間。

 

その時間に栄養をしっかりと補うことはとても大切です。

 

1日2粒のアイテムの場合は「朝・夜」または「昼・夜」がオススメです。

 

Q:22時以降に帰宅した場合、その時間からプロテインを飲んでも大丈夫ですか?

A:寝る1時間前までならば問題ありません。

 

Q:何となく口寂しい感じがするときの対処法はありますか?

A:プロテインをこまめに飲むのが有効です。

 

1~2時間かけてプロテインをこまめに摂取すると、空腹を比較的感じにくいとされています。

 

Q:体脂肪率が減っていますが、体重は変わりません。大丈夫なのでしょうか?

A:問題ありません。むしろ脂肪がキレイに落ちている証拠です。

 

この場合、考えられるのは「たんぱく質量の増加」「水分量(体液・リンパ液・血液)の増加」「筋肉の増加」のどれかです。

よい変化なので、引き続きファスティングをお楽しみください。

 

断食期

【断食期:3~5日目】

朝食:豆乳・甘酒、サプリメント

昼食:豆乳・プロテインのシェイク+サプリメント+甘酒

夕食:豆乳・プロテインのシェイク+サプリメント+甘酒

飲料:漢方茶、水

※お好みで海塩を摂取

 

Q:断食期の豆乳は1食どのくらい飲みますか?

A:準備期と同じくプロテインと一緒に摂る場合は200mlをおすすめしております。

 

【プロテインの作り方】 

①シェイカーに水200ml入れる

②プロテインを入れて混ぜる

③無調整豆乳200ml入れて混ぜる

 

Q:プロテイン市販のドリンクタイプを飲む場合は豆乳はなくても大丈夫ですか?

A:豆乳を入れることをオススメします。

 

市販のプロテインの場合、多くがたんぱく質が不足しています。

可能な限り無調整の豆乳をプロテインと混ぜて「脂肪をもやす力」を高めてください。

 

Q:薬膳粥はどのようなものですか?

A:オススメのサイトがございますので、そちらをご覧ください。

 

《予防医学の坂田薬局》

https://item.rakuten.co.jp/somelife/c/0000000113/

 

Q:体脂肪が思うように落ちません。何かいい方法はありますか?

A:サプリメント、甘酒の量を調整するのがオススメです。

 

サプリメントであれば、脂肪をもやす効果の高い「L-カルニチン」の1日摂取量を増やすのは有効です。

また、カロリーの観点から甘酒を1日1回に減らしてみて様子を見てみる方法もオススメです。

※甘酒を極端に減らすと低血糖の症状がでる恐れがあります。ご自身の体調を見ながら調整ください。

 

Q:空腹感を抑えるために、水にビタミンCを入れて飲んでますが大丈夫でしょうか?

 

A:問題ございません。

 

純度100%のビタミンCはカラダが喜ぶ効果がたくさんありますので、積極的に飲んでください。

 

1日3000~5000mgがよいともされています。

 

Q:ふわふわした感じと思考回路が停止している時があります。低血糖の症状でしょうか?

A:低血糖の症状が出ている可能性があります。

 

甘酒をこまめに飲むことをオススメします。

 

Q:オナラがたくさん出ます。何かよくないことが起きているのでしょうか?

A:オナラが出るのはいい変化のサインです。

 

ファスティングの効果の一つでもある「腸の大掃除(腸内環境の改善)」。活発になり始めたサインの一つとしてオナラがあります。

 

腸内環境が改善され、腸が活発に活動し始めたサインなので、引き続きファスティングをお楽しみください。

 

Q:断食き2日あたりから異様に眠たくなります。

A:脂肪がもえるスイッチが入り始めたサインです。

 

準備期からはじまり、いつもより糖質の量をカットしているファスティングではカラダ(特に脳)が省エネモードに切り変わろうとします。

 

そのサインの一つが「眠気」です。

 

無理をせず、仮眠や早めに寝ることを心がけてください。

 

Q:排便が下痢になってきました。

A:メニューが液体中心なので、その影響があるかもしれません。

 

以下の対処法を実践いただき、様子を見てみるのがオススメです。

 

①飲み物を冷たいものから常温に切り替える

②回復期で野菜を意識する

③カラダをリラックスさせるためにお風呂につかる

 

回復期

【回復期:6~7日目】

朝食:生フルーツ・生野菜・豆腐・納豆等+サプリメント+甘酒

昼食:薬膳粥+サプリメント+甘酒

夕食:豆乳・プロテインのシェイク+甘酒

飲料:漢方茶、水

※ドレッシング、納豆の付属のタレは不使用

 

Q:回復期はどのくらい食べても大丈夫ですか?

A:自分のカラダの体調と相談しながら食べる量を決めてください。

 

いくつか守ってほしいルールがありますので、参考にしてみてください。

①フルーツは2個まで

②ドレッシング、タレ禁止

③30回噛んで食べる

④NG食品は避ける

 《NG食品》

 加工食品、肉、カフェイン、アルコール、タバコ

 

《オススメ朝食メニュー》

野菜(小皿)、豆腐(半丁)、納豆(1パック)、キウイ1個、サプリメント、甘酒

あなたの生活スタイルに合ったダイエット法を見つけませんか?

理想の体型を取り戻したいけどどのダイエット法が自分に合っているか分からない。。

 

一人では日々の誘惑に負けてしまいそう。。

 

そんな悩みを解消するには「自分の生活スタイルに合ったダイエット法」を見つけることが大切。

 

4年間で500人以上ダイエットサポートしてわかった1ヶ月で脂肪を3kg落ちるダイエット法を配信しています。

 

《今だけ限定!友達登録プレゼント特典!》
① 脂肪がキレイに落ちるファスティングを見分ける4つのポイント

② 仕事×プライベート×オシャレ充実させるために必要な4つのこと

友達登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す