オプティマム・ファスティングの準備期、回復期のお勧め食事メニュー

今回はオプティマム・ファスティング実施時に必ず質問をいただく準備期と回復期のお勧め食事メニューについて回答を紹介します。

準備期のお勧め食事メニュー

Q:準備期の朝食、昼食はどのような食事をとればよいでしょうか?

 

A:下記に記載している摂取を控えた方が良い食材を避けていただき、大豆製品や発酵食品、野菜、タンパク質の摂取を意識していただいております。

<朝>旅館の朝食(ご飯、味噌汁、焼き魚、卵等)のようなイメージです。

<昼>海藻類やきのこ類のサラダが付いている(魚)定食をお勧めしております。

また、消化に負担をかけないよう目安として30回噛むことを意識して食べていただくことをお伝えしております。

〇お勧めの食材〇

大豆製品、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いも、みそ汁、発酵食品、卵、海藻サラダ

〇摂取を控える食材〇

加工食品・肉・揚げ物はなるべく禁止、カフェイン、アルコール、たばこ

 

回復期のお勧め食事メニュー

Q:回復期の朝食はどのような食事をとればよいでしょうか?

 

A:生フルーツ、生野菜、豆腐、納豆等の中からその時に食べたい物を選んでいただいています。

ただし、生緑黄色野菜、豆腐、納豆はドレッシング・たれを控えていただき、ファスティングメニューにある海塩や亜麻仁油をかけて食べていただくようお伝えしております。

※注意※→生フルーツについては2個までに抑えていただくようお伝えしております。

 

まとめ

<準備期>

断食期に向けて固形物を摂取しない生活に徐々に体を慣らしていただく為に設定しております。

その為、消化に負担のかかる肉や揚げ物、添加物等が入っている加工食品はなるべく避けていただいております。

また、カフェインやアルコール、たばこについては、それぞれの解毒に肝臓に負担をかけてしまい、肝臓に備わっている活性酸素を除去する抗酸化酵素の作用が働きづらくなってしまう為避けていただいております。

★ワンポイントアドバイス★

カフェインやアルコール、たばこについては、日頃から日常的に摂取しているお客さまの場合、難色を示される方もいらっしゃいます。

そのような場合は何の為にファスティングを実施するのか目的を明確にしていただき、それを叶える為の1週間であることを伝えて実施へのモチベーションを上げることを意識しております。

 

<回復期>

断食期から徐々に固形物を摂取する通常の食生活に体を戻していくために設定しております。

その為、異性化糖や白砂糖等、肥満の原因となるものは極力控えていただいております。

果物に関しては、果物に含まれる果糖が肝臓で中性脂肪等として変換され、脂肪として蓄積される可能性があるので摂取個数を制限しております。

いつまでも理想の体型を維持して仕事もオシャレもプライベートも充実させたいあなたに

 

「予防医学を学びたい」そして「予防医学を広めていきたい」そんな思いを持っている人にとって一生困らない予防医学の情報をお伝えしています。

ファスティングを通して理想の体型を得ながら、一生困らない予防医学の本当の知識と将来への不安を解消する術を一緒に学びましょう^^

 

《今だけ限定!友達登録プレゼント特典!》
予防医学士が伝える本物のファスティングを見分ける4つのポイント

友達登録はこちらをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す